2020年4月4日土曜日

お好きな方にはタマラナイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日4月4日は、お好きな方にはタマラナイ二つの記念日です。

桃の節句3月3日と端午の節句5月5日に、はさまれた今日は「どら焼きの日」。桜餅とかしわ餅にはさまれたどら焼き…想像するだけでもヨダレが沸き出てきますね。


そしてもう一つが「あんパンの日」。1875年の今日、明治天皇に木村屋のあんぱんが出されたことにちなむそうです。



どら焼きにあんパン。ドッチも食べたいですね~。

ちなみにどら焼き生産日本一は鳥取県米子市なのだそうです。
丸京製菓さんの生産量が日本一だからだそうですが…

動画を見てもさすが日本一。



今日はご飯を減らして、どら焼きも食べませんか?

ワタシは別腹ですけど(笑)

2020年4月3日金曜日

木々に感謝
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛林日。 その名の通り森林を愛する日です。

1898年から1949年の間、我が国では毎年4月3日を愛林日として、全国で国土緑化のための植樹行事が行われていたのだそうです。

ちなみに我が国の森林面積をご存知ですか?

国際連合食糧農業機関 (FAO) から報告されている統計によれば…世界の陸地のおける森林の割合は30.3%。そして日本は68.2%と約7割が森林である、大変緑に恵まれた国なんです。ちなみにこれはフィンランド、スウェーデンについで世界第3位なのだそうです。

ただ、この数字に受けている恩恵は…木材ではありません。


残念ながら我が国の木材自給率は3割以下。木に恵まれた国でありながら、なぜか輸入木材ばかり使ってしまう…という、大変不思議な国なんです。


さて、森林に受けている恩恵とは…豊かな水ですね。


かつて瑞穂の国と呼ばれたニッポン。
森林に蓄えられ、枯れることなく流れる河川。

たっぷり栄養を含んだその水は豊かな稔りを与えてくれます。さらには海へ。
(詳しくは → http://shikkui.denden-kyokai.com/2014/03/blog-post_13.html )



なによりも、水道の水がそのまま飲めるということ。
世界に何か国も無い、とても恵まれたことなのです。
http://www.blog.rice-ohmori.com/2013/11/blog-post_10.html
水飲み場
水飲み場 / marumeganechan


木々に感謝しましょうね。

ちなみにこの愛林日、1949年で終わりましたが、1950年からは毎年春に開催されている「全国植樹祭」として続けられています。

2020年4月2日木曜日

漆喰作品だけの写真集
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年発行されている日本漆喰協会作品賞 写真集。

この2年は休止されていますので一昨年のものが一番新しいのですが、毎年発刊されている、国内で唯一の「漆喰作品だけ」の写真集です。


日本漆喰協会が募集し、毎年表彰しているのが「日本漆喰協会作品賞」。

その受賞作品は、漆喰の素晴らしい作品ばかり。伝統建築から一般住宅まで、その作品は多種多様です。




ご覧になりたい方も多いですよね?

この冊子、実は書店などには並ばない限定配布の写真集で、受賞者の皆さんと日本漆喰協会の会員各社、そして幾つかの法人に配布されているだけなんです。

幸運なことに、各地の古民家再生協会にも配布していただいてますから、お近くの協会にご相談いただければ、見せてもらえるかもしれません。

ワタシの手元に、もう少しだけ保管しています。
ご希望の方は、お近くの古民家再生協会さんに申し出てくださいね。

2020年4月1日水曜日

2020年度はじまり
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から新年度です。


多くの方にはお正月より今日のほうが「年の初め」ですね。
新生活、新学期、新社会人、そして新年度。様々な新しい何かが始まる日です。

新しい1年!

1年とは

 ≒            52週間
 ≒          365日
 ≒        8,766時間
 ≒     525,949分
 = 31,556,926秒

長い人生のうち1年なんて大したことない…と言いたいですがどうでしょう?!

8766時間もあるんです。1年は短いようで長いのかもしれません。…と考えたのも毎年この日になると話題になる「4月1日生まれは一番最後の早生まれ」というオハナシ。

ご存知でしたか?

4月1日生まれと4月2日生まれでは学年が違うんですよね。どっちがオトクな人生なのでしょうか?


人生に「オトク」なんて無い!って叱られちゃいそうですね。

じっくりゆっくり、確実に一歩一歩。そして楽しく毎日を進んでいきましょうね。

2020年3月31日火曜日

令和最初の 期末 年度末
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月31日の今日は期末。
でんでん協会も今日が年度末で決算です。

締めの会計処理に追われる方も多いのではないでしょうか?

自社だけなら良いのですが、顧客との請求、売上にはじまり、社内のお金の処理も色々とやらねばならぬことが多いです。
SorobanPhoto
SorobanPhoto / Natural Math


だからこの時期は出張を止められているなんて方も少なくないですよね。

ともかく、年度末。
色々と片付ける必要があるものを、しっかりと片付けましょうね。

2020年3月30日月曜日

ローラーのうんちく
このエントリーをはてなブックマークに追加

1968年の今日3月30日、あの名作が初放映されました。

そう、アレです。


♪重いコンダラ。
Kondara J09 01.jpg
"Kondara J09 01" by Corpse Reviver - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.

と、今回のオハナシはまさかのコンダラ。正式名称は「手動式整地ローラー」という名だそうです。

「え? アレはコンダラでしょ?」と思った方は同志。
「重いコンダラ」は「思い込んだら」。 そのくらい分かってたハズなのに…。

さてこのコンダラ、左官さんの技術が色々と役に立つシロモノです。均等なバランスで、キレイな面を作るのは我が国伝統の左官技術。

きっとこだわりの左官さんが外構を工事する時には、マイ・コンダラを使って整地する方も多いことでしょうね(笑)


2020年3月29日日曜日

国産が無くなったもの
このエントリーをはてなブックマークに追加

関係ないと思う方も多いでしょうが、大切なこと。

白い粉。ホワイトセメントと呼ばれるものです。
色が白いだけで、あとは普通のセメントと同じもの。で、…高価。

なので、白い必要性がある場所で使われてきたわけですが…需要が激減。国内販売量がピーク時の10分の1まで減ったとか。

唯一国内で生産していた会社がありましたが、2017年3月、ニッポン製のホワイトセメントは1916年から100年の歴史を閉じました。

で、その代わりとしてタイ国のサイアムホワイトセメント社から輸入されることになったのですが…

 ― どう違うんでしょう?

というわけで、入手して比較してみました。国産最後のものと初輸入品。
白い紙をあてると色の違いも分かりやすいですね。
(ちなみにどっちがどっちか? それはヒミツ。セミナーなどでその違いを説明しますね。)


なにより、我が国で100年の歴史を築いた素材が無くなったこと、これが何を表しているのか、しっかりと受け止めて考えねばなりません。

2020年3月28日土曜日

年末より年度末
このエントリーをはてなブックマークに追加

年度末ですね。

都会へ行くと、師走より年度末のほうが慌ただしい様な気がします。
目的の場所へ、人を掻き分け掻き分け進むか、人の流れに乗って進むか…とにかく人に酔いそうになるわけです。

ま、東京在住だったころは、それが当たり前だったわけですけれど(笑)
人混み
人混み / sekido

で、この時期、いつもと違うのは子供が多い。家族連れが多い。今、春休みなんですよね。子どもとオトナの一行は、良く見ると、おじいちゃんおばあちゃんとお孫さん。


お父さんお母さんには春休みはありませんから、必然的にこういったご一行。
ドコに行くんでしょうね。

年度末のせいでしょうね。忙しそうな人が目に留まります。

春休み。年度末。お花見。人事異動。歓送迎会。引っ越し。
とにかくもう、あわただしいのが春。

でもあと3日で、新年度が始まるんです。
心に余裕をもって過ごしたいものですね。

2020年3月27日金曜日

気を付けて夜桜
このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろお花見の季節。
桜の名所は数々ありますが、今年はいろいろ行き辛いですね。

野外でささっと世界遺産で夜桜というのはいかがでしょうか?

京都・二条城では毎年、有名な桜の園などで、夜間の観覧ができるライトアップが行われています。今年は3月20日から4月12日までの間ということです。

観に行かれる方は、今年はいろいろ気を付けながら…。
Night Time Illumination at Nijō Castle (二条城, Nijō-jō)
Night Time Illumination at Nijō Castle (二条城, Nijō-jō) / {Amy_Jane}


また、せっかく二条城に行くのなら「一口城主」もお忘れなく。

「一国一城の主(あるじ)」。良く聞く言葉ですね。現在は「一戸建て住宅に住む家長」をさしていう言葉ですが…もともとは「他から援助や干渉を受けず、独立した領分をもつ者。」という意味。

 語源は言葉の通り、「一国または一城を持つもの」

何が言いたいかというと…近年「一口城主」という制度があるのです。熊本城でも有名になった制度ですが、一口ずつの寄付金を一口城主と言い換えて、募る制度ですね。

と、いうわけで世界遺産・二条城。



中での撮影は出来ませんので、外から。

二条城といえば有名な「ウグイス張り」。外から縁の下をのぞきこむと、その機能を付与している「目かすがい」が確認できます。


大変勉強になる史跡です。

実は私も一口城主。千円以上の寄付金をお納めすると一口城主ステッカーをもらえます。


二条城は平成23年度から約20年かけて28棟ある文化財建造物、そのほか城内全ての歴史的建造物の修理・整備が行われています。そのための募金方法としてこの一口城主制度が使われているんです。
http://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/donation/

花もよし。城主になるもよし。
春の京都、行きたくなりますよね。

2020年3月26日木曜日

現場に魔法使いが舞い降りる
このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ年度末ですね。 

3月もあと5日をのこすばかり。
年度内にやり遂げなければならないオシゴトは、最終仕上げですね。

ここからまさに修羅の道?ご存知ない方々には「まさか」としか思えない5日間なのです。
  • 今日から足場を架けて塗装工事。
  • 今日から3日徹夜で内装工事。
  • 外構工事は2日で終わる??
建築に携わる方々にはこの時期、魔法使いに変貌する方が少なくありません。
Defying Gravity  Willemijn Verkaik - Stuttgart opening night - 15th Nov 2007
Defying Gravity Willemijn Verkaik - Stuttgart opening night - 15th Nov 2007 / The Western Sky


凄いですよ~。
    「まだ下塗りが乾いてないけど、仕上げ塗装しちゃう」
    「とにかく壁が出来れてばいいから板張って壁紙貼っちゃえ」
    「ど~んと砕石撒いてすぐコンクリ打っちゃえ」
共通するのは 「言われたら後で直せばいいから」のコトバ。
まさに悪魔のオマジナイです。


どこで修行して覚えたのかわからない、禁断の魔法ですよね。

年度末。 建築工事の追い込みの時期です。
当然着工当時は余裕をもったスケジュールであったのかもしれません。
が、工期の遅延や天候不順などによって工事日数が足りなくなることが多々あります。

で、間に合わせるために何とかするわけです。
誰かが待ってくれないのですね。

たぶんオシゴトを頼んだアナタではありません。
「今年度」というとてもとても大変な宿題期限に脅迫されているのでしょうね。