2020年2月18日火曜日

もう 飛んでいる
このエントリーをはてなブックマークに追加

厳寒の日本列島ですが、実は南から徐々にスギ花粉症がそろそろ始まっています。


ワタシも極度のアレルギー性鼻炎もちです。
スギ花粉の時期は極端にひどくなるんです。もうかれこれ30年、いろいろと試してはいるのですが、なかなか花粉症対策に良いものが見つかりません。一時期はバラのサプリが効くということで飲んでいたのですが…販売されなくなってしまいましたね。


仕方ありませんね。
ある年は物理的に対抗しようとマスクと花粉対策メガネ。そこそこ効果がありましたが、うっとうしいのは否めません。


実は話題の舌下免疫療法を続けて2年目。先シーズンはかなり症状が緩和され、ほとんどクスリ要らずでした。

というわけで、今年も花粉とお付き合いです(涙)

2020年2月17日月曜日

世界に誇るニッポンのトイレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に…お食事中に読むのは止めておいていただきたいのです。
という今日の話題は世界に誇るニッポンのトイレ。


特に洋式便器の精度と快適さは世界一だそうですね(笑)
TOTO Super Space
TOTO Super Space / localjapantimes


と、前置きをしたところで今日の本題は「適材適所」。

何が言いたいのか分かりますか?


そう、この写真の右側。
奥の手洗い場と小便器の目隠し壁なのですが…ご覧のとおり。


申し上げたいのはお掃除の方がサボったせいではないということ。

コレ、汚れがこびり付いているのではなく、錆びて腐食しているんです。

便器の構造上、イタす方がどれだけ気をつけて
 「一歩前進」
 「マツタケのつゆ」
などに配慮したとしても、洗浄の際に微細な水が飛沫するんですよね。

当然、ヒトサマから出た水分も飛んでいることでしょう。で、結果的にどれだけキレイにお掃除しても、飛沫が沢山かかる場所は腐食してしまったわけです。

まあ、現状からこのくらいは飛び跳ねゾーンだろうな~と想像出来ます。


なぜトイレにはタイルが使われていることが多いのか分かりますか?
なぜ便器が陶器で出来ているのかわかりますか?

結局はその答えにたどり着くわけですね。
20070511_180952_P5110010
20070511_180952_P5110010 / くーさん

ヒトは必ず食べて、出すわけです。
だからトイレは人類の文化の発展そのもの。

様々な試行錯誤行きついた先が、陶器だったわけですね。

さて、最後に
このトイレ、男性が通常の使い方で小用を足したらどうなるでしょうか?
トイレ
トイレ / xito.jp

腰の高さでヤカンをもってドボドボっと一気に水をそそいだ時
どこまで水が跳ねるのか想像してみて下さい。

 ――― マンガを手にすることに躊躇しますね(笑)


住まいづくりにおいてトイレはとても重要。
いろいろと凝ったトイレも多いですよね。

でも、床がフローリングだったり、壁が無垢板だったり、漆喰だったり…ゾッとします。
やっぱり左官さんが塗り込めたタイルなどが良いのではないでしょうか?

また、スペースに余裕があるならば…
男性用の小用は別に作った方がお掃除で悩まなくて良いようですよ。
Manneken Pis
Manneken Pis / KAZ2.0

2020年2月16日日曜日

空き家 放置民家
このエントリーをはてなブックマークに追加

「放置民家」シリーズ、もうちょっとだけ、以前のオハナシを続けます。


    「たぶん余ってるけど…貸されていない民家。」

    それを放置民家と(私が勝手に)呼んでおります。 

    合掌造り@上平村東赤尾 2 / tsuda


    そもそも何で貸し家じゃないのかな?という疑問が昨日からの続き。
    ウチの町…不動産屋さんが1軒しかないんです。
    …ちなみに私は「無い」と思ってました(笑)

    そこそこの規模の企業もありますし、転勤する方も居ますが

    そういった方々は「社宅」にお住まいです。
    他に住まいを探す方々といえば…転勤のある公務員。
    おまわりさんとか学校の先生とか。
    以前はそういった方々は「紹介」で住まいを探していたんです。
    大家さんを紹介してもらって、交渉して住む。
    「ウチに若いのが入るんだが、誰か大家さん居ないかな?」といった感じで。

    いたってシンプルな探し方ですが…

    需要から考えても流通する「物件数」はごく限られたものですね。
    おらが町は「賃貸経営」というものが成立していない町のようです。

    さて、では…

    貸されていない住まいは
     「紹介されていない」
     「周りに『貸す』と知られていない」
     「そもそも貸したくない」
     「『貸す』なんて考えても見なかった」
    という可能性があるわけです。

    う~ん、実際のところどうなんでしょう。


    …と引っ張りつつ次回へ持ち越します。


<2013年のツブヤキ>
不動産屋さんが居ない。
どこかに物件があるに違いない。
結局、探す方法は地元のつて。顔の広い方に頼ったり、空き家を持っていそうな方に尋ねてみるほかありませんでした。
で、紹介された方々に訊いてみると、結局のところ
 「身内の誰かがそのうち帰ってくるから」
 「ちょっと手を入れて自分で使おうと思ってる」
という方はまだ良い方で、ほとんどはやはりそのまま「放置」していたんです。


残念なことに現在も「空き家バンク」がしっかりと機能しているところ、自治体が一生懸命取り組んでいるところは、国内でも数えるくらいしか無いそうです。

それでも国策として取り組まれたのが中古住宅の流通。国土交通省の主導で12の各地区におかれた「中古住宅流通促進協議会」。

各地区での取り組みについてはコチラが分かりやすいのでゆっくりお読みください。
 全国12協議会事業者間連携の取り組み総括 価値総合研究所


でも、どうでしょう?
皆さんのお近くで中古住宅、その流通は増えていますか?

という疑問も今後のオハナシ。

2020年2月15日土曜日

空き家バンク制度 ちゃんと見てみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

「放置民家」とは、賃貸物件としてどころか、持ち主にも、家族にもほったらかしにされている空き家を、私が勝手にそう呼んでいるだけ…のところからスタートです。


    誰も住もうとしない住まい。勿体ないですよね。
    放置民家は「古民家」のイメージが強いのでしょうが…それだけではありません。

    街のはずれにも街の中にも、ポツンとごく普通の家が空き家で存在していますね。


    合掌造り@利賀 (トタンかぶせ) / tsuda

    築年もそう何十年も経っていない、ごくごく普通の在来工法の住まいが、いつの間にか空き家になり廃屋になり、ゴミになっていくのです。では、なぜ誰も住もうとしないのでしょうか?
    なぜ誰も借りようとしないのでしょうか?

    今日は我が町の単純な数字で考えてみます。…人口です。

    多分にもれず過疎化が進む我がまち津久見市。
     1970年には33,988人の市民が…40年経った2010年には19,919人。
    三分の一以上の人口が流出しています。

    当時と比べ核家族化が進んでいることを加味しても、「四〇年前に住まいとして存在していた家」は確実に余ってしまう計算になりますよね?

     「家は在っても人が居ない」
    その現状が私の住む町にも当てはまっているんです。

    余ってるんなら、貸してほしいな~。
    …そう思いませんか?



と、後から知ったのですが、私のふるさと大分県津久見市。
市によって2008年から「空き家情報バンク制度」というものが行われていました。

空き家情報バンク制度のご案内

「売りたい」「貸したい」空き家はありませんか?
    津久見市では市内に点在する空き家の有効活用を通じて、都市との交流や定住促進による地域の活性化を図るため、「空き家情報バンク制度」を創設しました。
    この制度は、空き家の所有者と空き家を利用したいと考えている人を結びつける制度です。ご連絡をいただければ詳しい制度の説明を行った後、現地調査を実施し、空き家提供者の了解が得られれば登録を行い、ホームページ等で全国に情報を発信します。市民の皆さん、「売りたい」「貸したい」空き家がございましたら、下記の問い合わせ先までご連絡をお願いします。
空き家申込者の登録
    1.空き家申込者は、必要事項を申込書に記入の上、市へ提出します。
    2.市は提出された物件について、現地調査を行います。
    3.申込者と協議の上、物件を台帳に登録し、ホームページ上に情報を掲載します。
利用希望者の登録
    4.利用希望者は、市へ登録する意思のあることを電話等で連絡します。
    5.連絡を受けた市は、利用希望者へ登録申込書を送付します。
    6.利用希望者は、必要事項を記入の上、登録申込書を返送します。
    7.市は、利用希望者台帳に登録します。
登録後の概要
    8登録された利用希望者は、ホームページ上の情報のうち買いたい(借りたい)物件があれば、市へ物件ナンバーを記入した利用申込書と誓約書を提出します。
    9.市は、利用希望者の登録を確認します。そして申込者に利用希望者の情報を提供します。
    10.市から連絡を受けた申込者は、利用希望者への詳細情報の提供を了承します。
    11.市は、利用希望者へ情報を提供します。
    12.その後は、当事者間での交渉、契約となります。
※津久見市では、情報の提供や連絡調整は行いますが、「所有者等」と「利用希望者」間で行う物件の賃借・売買に関する交渉、契約に関しての仲介行為は行っていません。契約に関するトラブル等については、責任を持って当事者間で解決をお願いします。

おそらく1軒しか不動産屋さんらしきものが無い我が町にとって、この制度は有り難い…はずだったのですが、いまだに知られていないようですね。

…当然、私も知りませんでしたし。

http://www.city.tsukumi.oita.jp/soshiki/10/172.html

今から住まいを探す方、一度住もうとする地域のお役所のページ、見てみた方が良いかもしれませんよ!?



で、新たな引っ越し先を探す際にいろいろ観てみたのですが…空き家バンクを利用しようにもその制度自体が整備されていないようです。

では、どうやって探せばよいのか?今後そのあたりも考えていきます。

2020年2月14日金曜日

放置民家 2020
このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家でなおかつ賃貸されていない物件。それらを2012年2月12日より、勝手に「放置民家」と呼びながら色々と考えてきました。

当時、ワタシが役員を務めていたグリーン建築推進協議会の活動として「古民家 民家 無償貸与」そしてそのマッチング活動というものが行われていたのですが(2012年8月に終了)、その中で様々な疑問や驚きが湧いてきたことを今回も振り返るところから始まります。



    「古民家 民家 無償貸与」マッチング活動(2011.03~2012.08)
    私たちグリーン建築推進協議会は全国会員の協力によって、東日本大震災で被災された方へ無償住宅を支援するプロジェクトを継続しています。

    全国から寄せられる厚意。
    空き民家のオーナー様から一定期間住まいを無償で貸与いただけるお声をいただき、
    それを紹介しております。

    お困りの方の為に家主様がタダで貸していただける住まい。

    貸していただける住まいは、各地の古民家鑑定士がボランティアで安全確認のために無償で鑑定を行っています。その鑑定により安全が確認されたところでインターネットサイト「民家ねっと」に確認済みのリストアップを行っています。

    民家ねっとhttp://shien.kominka.net/



    全国へ呼び掛けた私たちも驚くほどの物件数。そしてそれは北海道から九州までの全国から。


    お借りになりたい物件の相談をご希望される方はフリーダイヤル0120-**** または民家ねっとhttp://shien.kominka.net/でご覧になった物件の担当ボランティアへ直接お電話下さい。オーナー様とのお引き合わせを致します。(現在は行われておりません)

    私たちは斡旋業者ではありません。本件は無償で貸していただけるオーナーさまと避難住宅を探していらっしゃる被災者の方をマッチングすることが目的。全て無償で行っております。

    また、住まいを無償で貸していただけるオーナー様につきましても、同様に民家ねっとにてお申し出いただけますようお願い申し上げます。皆様の御厚意で多くの笑顔が生まれます。

<2012年当時の私の考え>
実際、このマッチング活動を通してグリーン建築推進協議会には、全国から多くのご相談が寄せられました。古民家鑑定士による無償安全確認が行われ、安全とされて貸与の対象となったものだけでも数百件。

…罹災された方へ無償で貸して下さる空き家を所有している方々が、我々の予想をはるかに超える国内には数多くいらっしゃったのです。そして、その住まいの多くは不動産屋さんを通じて流通する「賃貸物件」でないものが多く含まれていました。
空き家が各地に。ご紹介した「無償貸与」でなくとも、「もったいない」オハナシでした。

しかし…何故、空き家のままだったのでしょうか?
それが現在全国で問題になっている空き家問題にも繋がっていることは間違いないでしょう。


で、実際に自分の住まいを探し始めたのが2012年。
すると、「貸されていない家」のいろいろな事情が見えてきたのです。
  • 田舎には不動産屋さんが無い。
  • 貸しても大した家賃は取れない。
  • そこそこの家賃にすると借り手がいない。
  • なぜだか、貸したくない。
で、田舎ならではの事情に対して打ち出されたのが「空き家バンク制度」。
これがまた…というお話をまたいつか。

2020年2月13日木曜日

左官と芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加

ズグラフィート。

フレスコ画の技法の一つで「ひっかく」という方法で描画されます。
例えば色のついた下地に白い上塗り。それをひっかくと色のついた部分が出てきますね?!


大分県佐伯市で、その技法で巨大な天井画が描かれたのは以前にもお伝えした通り。「大変珍しいものだ」と皆さん驚いていましたが…ヨーロッパでは今もキレイに描かれたズグラフィートによる装飾が数多くみられるようです。

画像サイトで探してみました。
Les Peces
Les Peces / jorapa


Der Fürstenzug (Succession of Princes)
Der Fürstenzug (Succession of Princes) / sky#walker


Sgraffito Building
Sgraffito Building / waitscm


Prague MAR2013  Schwarzenberg Palace 1
Prague MAR2013 Schwarzenberg Palace 1 / Mark B. Schlemmer


どうでしょうか?
ニッポンでの左官と芸術の組み合わせの可能性、まだまだありそうな気がしますよ。

2020年2月12日水曜日

にっこうけっこう
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国を歴訪するワタクシですが、この時期から夏まで、どうしても近寄れない場所が「日光」です。

仕事の要件が少ないのもありますが、それ以外にもっと重大な理由があるんです。

2020年2月11日火曜日

さあ 引っ越そう
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年、2015年と続いて引っ越した私です。

住まいを探すには不動産屋さんですよね?!
でも、それだと面白くないんです、いろいろと。

思い返せば2012年の2月、自らの引っ越し先を探し始めたのを契機に、貸家として流通していない空き家を「放置民家」と勝手に名づけ、イロイロと考えを巡らせました。

といわけで、当時のオハナシを振り返ります。


引っ越し先を探すワタクシ。

私が新居として暮らすのですが…これがなかなかどうして大変です。


これまで一人暮らしで住んだのは、安い木造のアパートから鉄筋コンクリートのマンション、小さな一戸建て…気が付けば14回ほど引越ししています(笑)

実は高校生の頃から下宿を始めて一人暮らし。九州に戻ってからは、しばらく親元に居たんです。

で、久しぶりのお部屋探し…と思い立ちながら考えました。

全国で様々な対策が取られ始めている「空き家問題」。

私の住む大分でもそれは軽微な問題ではありません。日本中に不動産会社の管理物件になっていない空き家が、過疎地域を中心に、かなりの数が存在するんです。

 これを勝手に「放置民家」と呼ぶことにしました。

この「放置民家」になんとか住めないものか?

まずは私の住まい探し、そのチャレンジです。


私が住む大分県。「地方」の多分に漏れず、ほとんどの市町村が過疎であるか、過疎地域を含んでいます。要は人が減っているということです。

2008年の統計調査によれば大分県の住宅総数は約55万戸。うち空き家は約8万戸。空き家率でみると100軒に14軒が空き家ということになります。

不動産屋さんがそれら全ての物件を管理しているわけもなく、また、家の持ち主が管理できているわけもありませんので 家は…腐っていくばかりなのです。

で、問題となっているのが空き家の廃屋化ですね。

単なるデカいだけのゴミとなってしまった建物が、ご近所に多大なる迷惑をかけているわけです。



で、大分県では2012年10月の国東市のものをはじめとした各市町村条例として、いわゆる空き家条例が施行され始めました。

2012年10月;「市空き家の適正管理条例」・国東市
2013年01月;「中津市空き家等の適正管理に関する条例」・中津市
2013年04月;「豊後高田市空き家等の適正管理に関する条例」・豊後高田市

「腐る前に、タダとは言わないが安く貸してくれたら嬉しいな~。」
というのが私の当初の想い。

実際、すぐには出てきませんが、少しずつ不動産屋さん以外の方から「空き家」の紹介があったわけです。

この続きはまた後日。



というお話でした。

今はすぐに引越す必要はないのですが、またいつか、どこかいいトコロが見つかるように応援してくださいね(笑)

2020年2月10日月曜日

あれから・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月の乾杯。


2010年2月9日、10 日の2日間、大阪のとある会場にて受講したのが「伝統資財施工士」という資格でした。

初日の終了後、講師の先生とグイッと一杯。翌日は2日目講習と最後には試験。
ホテルに戻り、酔いを醒ましながら必死に復習したことを覚えています。

講習と試験がおわり、最後には別途ビジネスセミナー。
そこでセミナー講師に言われたんです。

 「絶対ブログ書いたほうがイイです」

ルールを守って書き続ければ、必ず良いことが(?)てな感じで。
その時、短時間でしたが結構色んなコトを学んだんです。

で、その場で最後に講師の方に約束したのが「ブログ開設」でした。

ブログを書く上でのルールは何度も紹介しましたね?
相変わらず守っているつもりです。

一番大切なのは「続けること」。

さて、「イイこと」ですが…ありましたよ。
あなたにとってイイコトかどうかはわかりませんが(笑)

2020年2月9日日曜日

内装用しっくい ってどんな意味?
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、でんでん協会へお寄せいただいたご相談についての考察です。
漆喰に内装用と書かれているものと、何も書かれていないものがあるのですが…と、いうことは外装用漆喰というものがあるのですか?
というご質問でした。

実際にインターネットで「漆喰」を検索してみると
…出て来るわ、出て来るわ。いろんな製品が出てきますね。


で、一つ一つの製品を細かくチェックしていくと気付くのは、そのほとんどが「内装用」だということ。

あれれっ? ・・・と思った方、正解。
本来、漆喰は外部に塗られていることの方が多かったはずです。


白壁=土蔵に代表されるように、ガッチリ外から守るイメージがあるのが漆喰。


けっして内装専用なんてモノではなかったはずです。


では、「内装用しっくい」って何なのでしょうか?
外では使えない理由があるのでしょうか?

ある製品は正直にノリが水に弱いから…と。

違います。
本来、しっくいはノリのチカラではなく、石灰の硬化で固まるんですよ。

ということは

 内装専用と言っているしっくいとは?! 


…そういう理由があるんですね。と考えるべきなのではないでしょうか?