2012年11月30日金曜日

しっとりお勉強。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せしていた本が届きました。

「壁装と調湿」

名前の通り壁材と湿気について書かれた専門書です。
理論だけでなく、実験の結果などの数値と共に説明されていますので、この本から引用されている学術資料も多いんです。

イイですよ~。
寝ている間の空気ですとか、締め切った部屋の空気ですとか、条件別の結露の状況ですとか…。

何故、木造の住まいが良いのか、コンクリート造の時はどう対処すれば良いのか、考える材料になりますね。

製造、販売、施工にかかわらず、「壁の仕事」しているならば、必ず読んで大切に持っていたい本です。

…ま、古い本なので、やっと手に入ったんですけどね。