2012年12月25日火曜日

奈良・長谷寺さんへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ご紹介した奈良・長谷寺さん。
せっかくなので、詳しくご紹介しましようね、

まずは見上げる「仁王門」。コチラを通らないと長谷寺さんに入れません。


門をくぐると早速有名な登廊(のぼりろう)。
初瀬の山をず~っと登っていく石段が、見なくなるまで続いています。
このは国の重要文化財。
そこに手を触れながら、体を預けながら、一歩一歩踏みしめながら石段を登ります。




藤原俊成も藤原定家親子も、藤原道長も、紫式部も、松尾芭蕉もこの石段を登ったのでしょうか?一見ゆるやかな石段も、登っているうちに険しく感じるようになってきますね。




長谷寺さんに限らず、奈良の名刹。どこも「木」がキレイです。


あ、忘れずに漆喰も(笑)


国宝・本堂と鐘楼。ご本尊は十一面観音さんです。


有名な1ショット。冬の長谷寺さんの五重塔もまた良いものです。


長谷寺さんは「花の御寺」で有名なのですが、私が拝観した時期には、咲いていませんでした。残念。


いかがでしょうか?冬の奈良もキレイですよ。
寒さも張りつめた空気も、より一層景色を美しく魅せてくれる気がします。

ただ、長谷寺さんは現在一切経蔵の保存修理の最中。
一部景観が残念な場所もありますが、これから年が明けると有名な寒牡丹が見頃を迎えますね。