2018年1月25日木曜日

ドマ? タタキ?
このエントリーをはてなブックマークに追加

「土間」という言葉。今でも使いますね?

呼んで字のごとし。土の間です。
現代ではコンクリートが塗られていますね。それでも「ドマ」または「タタキ」と呼ぶわけです。

元々、日本にはセメントなんてありませんでした。
ちなみに日本初のポルトランドセメントは明治8年。それまで、硬く固める材料は漆喰や石灰などだったのです。土に石灰を混ぜ、叩き固めていたのです。そしてそれが更に硬くなるよう、にがりを加えていました。

土と石灰とにがり。3つの材料を合わせてたものを叩くから、三和土と書いてタタキ。


今でも脆い土を固めるために、土木工事でも石灰が使われることは良くあります。そしてその歴史は古く、古墳のような大規模の土木工事でも使われてきました。

そんな古代の土木工事を現代に復元。

有名なカタチ。前方後円墳です。


これだけの盛土が流れないように固めるには石灰のほか、様々な工夫が必要ですね。


葺石(ふきいし)と呼ばれる石で表面を覆っています。
一つ一つ並べ、固める技術、素晴らしいですね。


写真は2009年に公園として公開された、宮崎県の生目古墳群史跡公園(いきめこふん)にある「生目5号墳」です。

伝統素材としての石灰、いまだ現役です。