2018年3月18日日曜日

春は収穫の時期
このエントリーをはてなブックマークに追加

春ですね。

私の住む大分の海はゆったりした春の瀬戸内海の内海。

ある早春の日の海は波も穏やかで、日差しもポカポカ。
ちょっと冷たい海風がかえって心地よいくらい…。


と、海だけを見ていてはダメですね(笑) 
足もとをよく見てみましょう。海藻が良く茂っています。

じつはコレ、全部「フノリ」。

大分県の国東半島は昔からフノリが採れることで知られています。フノリは食用だけでなく、着物の糊付け、染色、工芸糊、そして左官材料にも用いられる伝統素材。しかも、かなり高価な海藻です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
北海道広尾産100% 天然ふのり 100g
価格:1695円(税込、送料別) (2017/3/14時点)

この早春にヒジキ漁とともに採られるフノリが上物なんです。
「採られずにけっこう残ってるな~」と見回すと「禁漁区」の看板。

…採ってはいけないエリアでした。


伝統素材の原料がいつまでも残されて行くように。
この海もキレイなままで残していかねばなりませんね。