2018年12月3日月曜日

柿と 土蔵と
このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ時期なので、産地ではこんな「柿のれん」が観られることでしょうね。
暖かい日が続きましたが、出来栄えはいかがなものでしょうか?
P1010036
P1010036 / kurokayo

ある年に、そんな柿の産地を訪ねた際に見つけたのはこんな姿でした。








雪深く寒さ厳しい場所ではなまこ壁はデザインだけでなく実用として。
昼夜や季節の寒暖差に耐える、土蔵がありました。