2016年3月22日火曜日

安全で美味い水は誰のおかげ?
このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはコレ、何でしょうか?


井戸の手押しポンプですね。


井戸水。なんだか美味しい天然の水が飲めそうな…と思うのは、世界中でも私たちだけなのかもしれません。

今日は「世界水の日」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%B0%B4%E3%81%AE%E6%97%A5

なので、水についてのオハナシです。

美味い水。
私たちは美味い水が好きですよね(笑)

水道水でも十分飲めるのに、ミネラルウォーターを買い求め、飲んでいるのです。


私たちは蛇口をひねれば楽に水が飲めるクニに住んでいます。
どこだか分からない、誰も居ない、そんな場所でも、蛇口から出て来る水は飲める水ですよね?

それがどれだけ贅沢なことか。


水道の水はカルキ臭いなどという方も多いですが、他に生水が飲めるクニなんて、そう多くないそうですよ。


世界で水道水が飲める国は11か国とも13か国とも言われています。

まずは11か国。
話題になった猪瀬直樹さんの『東京の副知事になってみたら』からです。

  1. オーストラリア
  2. アメリカ
  3. フィンランド
  4. スウェーデン
  5. デンマーク
  6. カナダ
  7. オーストリア
  8. スイス
  9. フランス
  10. ニュージーランド
  11. 日本

この中でも国内すべてで飲めるのは
スイス、フランス、ニュージーランド、日本の4か国だけだそうです。

もう一つは国土交通省により発表された13か国。
  1. アイスランド
  2. アイルランド
  3. アラブ首長国連邦
  4. オーストリア
  5. クロアチア
  6. スロベニア
  7. ドイツ
  8. ニュージーランド
  9. フィンランド
  10. 南アフリカ
  11. モザンビーク
  12. レソト
  13. 日本

いずれにしても安全な水。ありがたいことです。

安全で美味い水は自然の恩恵。


その自然を守るために。
私たちに出来ることを続けていかねばなりませんね。