2016年5月3日火曜日

その住まいにはドラえもんが住めますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人全国古民家再生協会。

その名の通り、全国の古民家再生協会と、その連携団体から構成される古民家鑑定士の全国団体です。


伝えられてきたものを未来に。
それだけでなく、これから私たちが未来へ伝えるべく活動しています。

何事においても、「未来を考える」ことって大切なコトだと思います。

 「住まいづくり」もそうですよね?

子どもや孫が住む家を残すのか、自分たちで壊す家に住むのか。
見た目のスタイリッシュさをとるのか、長く変わらないカタチを大切にするのか。

UDホーム http://www.ud2001.jp/

おそらく施工店さんにとっては時間も手間もかかり、かといって高く売れずただただ正直に仕事をするだけ。

何のウマミもない、「当たり前」の家づくり。
でも、そんな家を造る方が少ないのが現代なのです。


今お住まいの家、ドラえもんが生まれるまで残せますか?

私たちが生きる現代にも未来へ託された建築物が沢山残されています。
西岡棟梁で知られる薬師寺さんの金堂や西塔は500年、1000年先の姿を考えて作られているといわれています。


重要建築物でなくとも同様です。

おじいちゃんが建てたこの住まい。
きっとお孫さんどころかひ孫まで長持ちしますよね?


100年後にはすでにドラえもんが生まれているんです。

そんな住まいと「ドラえもん」が同時期に生きているんです。
夢を生かす住まいづくり、とても素敵だと思いませんか?