2018年6月11日月曜日

電気が無くともヒトは暮らしていける
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年から始まった夏の電力不足が、いつのまにか充足出来てますね。これからいったい、どうなることでしょうか?

 
電気がなかったら…

あの震災ではワタシのいた場所では、あたり一帯の信号が消え、交通が麻痺しました。突然の停電、かなり驚かされたものです。そして、被災地の方々のご苦労は計り知れないものでした。

ところで、このセリフ、覚えてますか?


電気が無くともヒトは暮らしていけるんですね。

もともと私たちの生活には無かったものですから。
「無い」と考えることも節電につながる良い方法なのかもしれません。





電気が無かったら、このつまらぬブログも見れませんし、私も書くことすらできません(苦) その時は…仕方ありませんね。