2018年6月5日火曜日

住まいの電気代、見直してみましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前に引越しをしたのですが、以前の住まいは「オール電化」。
そこから電気ガス水道全て別の住まいに引っ越しましたので、エネルギーがバラバラになっていまいました。

「これは費用が嵩むかな~?」と心配していたのですが、新たに買い替えた電気製品が驚くほど省エネ。5年前の今の家電、省エネ性能が全く違うんです。本当に驚きですよ。

さて、夏は省エネ。2011年以降、特に夏は厳しくなりましたね。家計を圧迫しないように電気はこまめに切りましょうね。

住まいの電気代。しっかり内容を見たことがありますか?
これは以前の私の住まいの契約内容。電気温水器などがあったので深夜電力を有効に使う季時別電灯というプランでした。


この内容なら、ナイトタイムが極端に安いかわりに日中がすごく割高です。昼間も使うならリビングタイムまでを有効に使った方が良いですね…ということを、ちゃんと知っていた方が良いです。

ちなみに電気代の基準となる「1kWh」ってどのくらいかというと?
 1kW=1000Wですから、1000ワットのものを1時間使い続けたら1kWh 。

身近なものでいえばドライヤーを1時間使い続けたくらい。
コタツであれば2時間くらいでしょうか。


とにもかくにも、かなりの消費。極力使わなくても良いように暮らしを考えないとなりませんね。改めて電力会社との契約プランを見直した方が良いかもしれませんよ。

と…やはりクール古民家。涼しいですよ、昔の住まい。